自治体・伝統工芸・地域ブランディング

Japan Brand自治体・伝統工芸・地域ブランディング

ジャパンブランドをグローバルブランドに!

Brand Concept

イマジナはこれまで蓄積してきた、大事にする想いをブランドコンセプトとして具現化し、人々に共感を生み出すブランディングノウハウを活かし、地方創生としての自治体や地域のブランディング、そして日本の伝統を受け継ぎ世界へと発信する伝統工芸ブランディングに取り組んでいます。
日本のあらゆる人々が自分たちらしくイキイキと輝きだすために、私たちは「ジャパンブランド」を世界で注目される「グローバルブランド」に昇華してまいります。

事例紹介

国際陶磁器フェスティバル美濃の総合プロデュース

私たちイマジナは、岐阜県、および東濃3市である多治見市、瑞浪市、土岐市、またそれらの地域にまたがり、美濃焼産業に関わられている人々の信認のもと、2017年に岐阜で開催される「国際陶磁器フェスティバル美濃」の総合プロデュースに取り組んでいます。
サッカー元日本代表の中田英寿さんを総合プロデューサーに迎え、地元首長によるPR、各国大使の招へい、世界有数の近代美術館への作品収蔵、動画広告などで、前回よりも2万人多い20万人の来場を目指して世界最大級の陶磁器フェスティバルである「国際陶磁器フェスティバル美濃」のブランディングに取り組んでいます。

岐阜県

清流の国ぎふ

国際陶磁器フェスティバル美濃'17

国際陶磁器フェスティバル美濃とは?

日本を代表する陶産地‘美濃’で開催されるトリエンナーレ。国際規模の陶磁器コンペティション 『 国際陶磁器展美濃 』 を中心に、陶磁器の産業と文化に寄与する様々な事業が展開される「世界最大級の陶磁器の祭典」 です。‘美濃’を舞台に、全国、そして世界へ広がる一大プロジェクトです。

誰もが思い浮かべる陶磁器産地へ

セラミックバレー

私たちは、国際陶磁器フェスティバル美濃を起点に、行政や地域社会全体と一体となって、 日本の陶磁器産業をけん引するこの美濃の地域全体のブランド価値向上に取り組んでいます。そのコアとなる想いをカタチにして、私たちは「セラミックバレー」というブランドコンセプトを生み出しました。
人々が「やきものについて何かを調べたい」「何か新しいやきものを作りたい」「やきものの新しい機能性について誰かに相談したい」と思ったときに、まず「美濃」「MINO」と思ってもらえるように、まるで「シリコンバレー」のような、誰もが思い浮かべるやきものの地域となるための<起点>となるワードです。
幅広い美濃焼の魅力を無理に一つの言葉にまとめるのではなく、地域として訴求することで、その多彩さを表現しています。

書籍による地域・伝統工芸ブランディング

あんぺいいな秋田県

秋田県

「秋田竿燈まつり」「大曲の花火大会」「まげわっぱ」「きりたんぽ」「はたはた」「稲庭うどん」「秋田杉」「秋田美人」「秋田犬」…
多くの観光リソースを培い、小学生の教育水準の高さや国際的に評価の高い大学教育に取り組むなど、全国でも屈指の住みやすさで知られる秋田県の、「付加価値づけ」にこだわるその想いを、書籍掲載により全国に訴求するプロジェクトに取り組んでいます。
現職である佐竹知事の「地方創生」にかける想いを、全国の人々に届け、ブランドにまで高めていきます。

美濃焼 ブランディングプロジェクト

美濃焼 ブランディングプロジェクト

多治見市、瑞浪市、土岐市

日本陶磁器産業の中心で一大集積地である岐阜県の多治見市、瑞浪市、土岐市の3市にまたがる「美濃焼」産業に関わる想いを、古川市長、水野市長、加藤市長のお三方に伺い、広く全国に発信しています。この書籍を起点に、想いに共感する美濃焼関係者、そして地域社会一丸となって、「美濃焼」のブランド価値向上に向けたブランディングプロジェクトをイマジナは推進しています。世界の「MINO」に向けて、新たな価値創造に取り組んでいます。

泉州タオル

泉州タオル ブランディングプロジェクト

日本のタオル発祥の地である大阪・泉州で作られる「泉州タオル」は、独自の高い技術で、日本にタオル文化を広めてきました。もはや当たり前となったタオルのある生活の背景にある、日本人とその生活に対する想いを、大阪タオル工業組合に関わる幅広い皆様に伺いながら、その想いを全国に伝え広めていきます。私たちの生活の中で当たり前のように身近に存在するが、ふとした瞬間に気づく、その質の良さやこだわりの背景にある想いを、ブランドにまで高めていきます。