社員が働きやすいと感じてもらえる活力あふれる職場環境づくり

Client’s Voiceクライアントボイス

首都高速道路株式会社

社員が働きやすいと感じてもらえる活力あふれる職場環境づくり

首都高速道路株式会社
社名首都高速道路株式会社
所在地【本社】東京都千代田区霞が関1-4-1
設立2005年(平成17年)10月1日
従業員1,074名(平成28年4月1日現在)
URLhttp://www.shutoko.jp/
事業内容首都圏における都市高速道路の建設・管理,駐車場・高架下施設の建設・管理など
総務・人事部
人材育成グループ 係長
森田 敏文様

社員一人ひとりの成長を促す。

首都高速道路株式会社では、設立以来社員の能力開発や働きやすい職場環境づくりのため、様々な研修を実施している。特にハラスメント研修についても、数年のうちに全社員が受講機会を持つことを目標として、社内で積極的に推進している。
ハラスメントに対する意識も高く、セクハラ・パワハラの問題は男女間だけの問題ではなく、上司と部下、雇用形態の違い、親会社や子会社間など、様々な場面で起こりうることだと考えている。そのハラスメントを防止するために、定期的、かつ、継続的に考える場をすべての社員が持つことが大事であると考え、あらゆる階層に対して研修に取り組んでいる。

全ての社員に成長できる機会を提供する

毎年の新任課長研修においてイマジナの「ハラスメント研修」を実施している。首都高速道路では、聴覚障害をもつ社員の方々を対象にしたハラスメント・メンタルヘルス研修を実施している。聴覚障がい者を含む障がい者に特有の事象や留意点もあるのではないかと考えているのである。
実施にあたっては、手話通訳の方にもご協力頂き、受講しやすい環境を整え、「ハラスメント」と「メンタルヘルス」それぞれのテーマについての基本的知識と、実際にハラスメントを受けたときの対応方法やメンタルヘルスの対処法など、具体的で実践的な情報を提供。
当時担当だった森田さんは、「おかげさまで受講者にも好評で、有意義な研修にしていただけたと感謝しております」と振り返って仰っている。

社員一人ひとりの成長が働きやすい環境に繋がる。

受講者のアンケートには、「私の知らない部分がいくつかあったと思います。その講義を受け、『なるほどな』と理解を深めることができ、良かったと思います」」「ストレス解消について詳しく教えてくれた点が良かったです」など様々なコメントを頂いた。定期的に実施している研修をはじめ、積極的に実施する社内研修・教育の場を提供し、社員が働きやすいと感じてもらえる活力あふれる職場環境づくりが進められる。それによって、さらなり事業成長へともつながっていく。

戻る